FC2ブログ

ジェーン・ドゥの解剖みました!

こんばんは!
蚊に、手のひらを刺されました、やすろーです

蚊も今年は、活動終了でしょうか。



実は・・・
ホラー映画を結構見ます

昔、ある先生に
「人間の感情を学ぶには、ホラー映画を見ることだ」
と言われてから、見る機会が増えました

眼や、唇、表情や、体の使い方
間の使い方などが、とても勉強になります


今回は、「ジェーン・ドゥの解剖」という映画でした。

wfbgwsrgyw (5)

警察の死体解剖業を請け負う親子のもとに
ある日、身元不明(ジェーンドゥ)が運ばれてきます。

wfbgwsrgyw (1)

解剖を続けていくと
全くの外傷がない、その遺体から数々の謎が現れます。

すると、次々と霊安室に不可解なことが起き始めるのです。

wfbgwsrgyw (4)

誰もいないはずの廊下の人影

動くはずのない遺体に、追い詰められる切迫感

何も語ることのない瞳の、不気味さ

wfbgwsrgyw (2)

霊や、怪物などといった、分かりやすい恐怖の対象物ではなく
空気感で恐怖を感じさせてくれる映画でした。

緊張感や、合点がいかない不可解に取り囲まれた
主人公達も名演技でした

解剖シーンなどがあるので、苦手な方は注意してください

リアルな解剖セットに、不気味さの演出
演技も、映画設定も良かったです。

「ジェーン・ドゥの解剖」
個人的には、★4.2でした



お勧めがありましたら、教えてくださいね

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。