東京研修にて


こんにちは、2月も終わりですね。
言ってる間に、桜も咲いちゃうんでしょうか

1月末より2月10日まで、アメリカ カリフォルニア州へ

そして、2月20日より東京に研修にいかせていただきました。

a625f08e.jpg

100名程の大研修
異業種の方がほとんどでしたが

これからの日本社会の情勢を元に、
業者が地域にできることとは何なのか

終始、メモしまくりの研修でした

280.jpg

みっちりとした会場とは、打って変わって
外では、大歓声・・・。

そう、東京マラソンでした。

研修していたビルも写っているんですが、
まったくランナーを見ること叶いませんでした

dsc_0518.jpg

泊まらせていただいたのは
小さなビジネスホテル
「アパホテル」さんでした。

4012A191000000024.jpg
※ネットより拝借しました

部屋にアパホテルの創業物語の漫画がありました。
翌日も早かったのですが、

なんだか、アパホテルの女社長、元谷社長さんの
お客様への思いが素敵で
深夜4時まで読みふけってしまいました

yZeEG.jpg

もともと、注文住宅業(シバサンホームと一緒ですね)を
されていたそうなんですが。
勤務されていた設計士が全員辞めてしまい、止むなく事業展開
そして、ホテル業界へと参入したそうです。

ちなみにアパホテルの、「APA」は
Always Pleasant Amenity Hotel
「いつも気持ちの良い環境を提供するホテル」だそうです。

部屋には、折り紙の鶴が置かれていて
なんだか、ほっこりできました
アパさんありがとうございます。

541647_738558562918975_1242849738726948820_n.jpg

そして、翌日からは
超少人数の研修に、国眼さん、加藤さんと参加いたしました。
いわゆる営業研修と言われるものなのでしょうが

一風変わった研修でした。
第一に言われた言葉が
「今日、あなたがここに研修に来るお金は、誰が払ってるの?」

それは、自分でもなく、社長でもなく、会社
会社は、お客様からお金をいただいている

すなわち、あなたたちは、お客様のお金をお借りして
今日、研修に来ているのです。

営業トーク?そんなものはありません。
あるのは、本心からお客様のために勉強する心だけです。

11025226_738558476252317_5037668781384218408_n.jpg

1日約12時間、2日間にわたり
みっちりと勉強させていただきました。

10448777_738558536252311_8133739916731915175_n.jpg

もし、お客様が親友なら
もし、お客様が親戚なら

「家づくりってお金がかかるけど、計画は大丈夫なの?」
「この間取りは、住みにくいよ?」

そんな風に言うでしょ?
好かれようと思う?
嫌われてもいいから、いい家ができればいいと思うでしょ?


そう講師の松下先生から教えられ
確かにその通りだなぁ・・・。と考えさせられました

DSC_2902.jpg

お客様の人生を左右するほどの
大きな買い物、「家」

あくまでも主役はお客様であるけれど
その家づくりをサポートする重要な役割であることを
改めて、刻んでいただいた濃厚な東京研修でした


長きにわたって、研修に行かせていただき
ありがとうございました。

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。