家の思い出


こんばんは!
借りているアパートの裏の田んぼが
夜になると、カエルの大合唱が始まります

夏ですね〜・・・

ということで、ローソンの
フラッペに、初挑戦してみました

初めてなもので、レジの店員さんに
「あたためますか?」と聞かれた時に戸惑ってしまいました
30秒ほど、レンジでチンして、溶かすと美味しいそうですね

IMG_4590.jpg

さてさて、そんなフラッペな1日

昨日、過去に工事をさせていただいたT様から
「食器棚のガラスが割れてしまった」とのことで、
お家の119コール

お預かりした、食器棚の扉
ガラスが割れてしまっています
この状態で使うのは危ないですね

IMG_4585.jpg


早速、プロフェッショナルの基地へ・・・

使い古された加工機
木の匂いに混じる、工具の油の匂い
おじいちゃんの工場を思い出しました

IMG_4586.jpg

木材の伸び縮みを計算し、予想して、
ゆとりをもたせて、加工していきます。

IMG_4584.jpg

今回は、食器棚とのことだったので
重いガラスから、アクリル板に変更しました
割れる心配もなく、安心してお使いいただけますね

IMG_4587.jpg

「忙しいのに・・・
こんなことだけで、呼んでしまってごめんね

誰に頼んだらいいか分からなくて
建ててもらった工務店も、連絡がつかないし・・・
本当に助かったわ、ありがとう!」


T様は、残念ながらご主人さんが、癌で亡くなってしまい
今は一人でお住まいされています。

続けてご主人さんとの思い出話を聞かせてくださいました。


あの人ね、とても器用だから
私がキッチンが暗いって言ったら

ホームセンターで、なんか道具を買ってきて
この電気をつけてくれたのよ。

でも、素人だから
電気の線も見えるし、不細工でしょ

でもね・・・とっても明るいの。


そう言って、目を潤ませた奥さんを見て

お子さんが元気一杯、遊んでつけた壁紙の傷。
つけっぱなしにして、怒られた、トイレの電気
いつしか一緒に入ることがなくなるお風呂

家には、多くの思い出が残るものだと
改めて感じました。

天国で奥さんを見守られるご主人さんに
安心してもらえるように
T様のお家を精一杯、これからも守っていきます。


また、お子さんがまだ小さい頃に
お家づくりを始められた方は
多少の傷であれば無償で修理をさせていただいています。

お子さんは、いずれお家から独り立ちしていきます。
思い出を残す、わずかな期間です。

せっかく、アパートから出られたのですから
思いっ切り遊ばせてあげてくださいね

ご家族に取って、これ以上ないほど
宝物となる思い出が、私たちの建てた家でできることを
願っています

やすろーでした

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback